03 月<< 2018年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乾藁

刈り取られた田んぼに積み上げられた円筒形の物体。これは刈り取られた稲藁(いなわら)をロール上に巻き取ったものです。

この干し藁は近江牛(おうみうし)を育てている畜産場に引き取られて行きます。近江牛はこの藁を食べてあの美味しい肉牛に成長します。そして、その近江牛からは、以前にもご紹介した大切な肥料が生まれ…。牛は米で育ち米は牛で育つ、永遠に続くリサイクルです。
炊きたて“かすが米”

実は、市場で流通しているお米のほとんどは何処で作られた何という品種であるかは判りますが、誰がどのように作ったお米であるかは判りません。様々な農家が作ったお米は産地ごとにカントリーエレベーターに集められ、時にはブレンドされ、精製されます。美味しいお米の取れる田んぼで育ったものか?土や水の管理は行き届いていたか?肥料や農薬の使用は適切であったか?など、同じ産地・品種でも、育てられる環境・育成方法などで収穫されたお米の味や安全性が当然違ってくるのですが、それらが一緒くたにされて○○(産地名)産△△(品種)として店頭に並びます。

“かすが米”は混ざりけなし、春日の田んぼで米作りのプロによって丹精込めて育てられた自慢のお米。だから米粒の一つひとつがみんな美味しいのです。
気温グラフ

美味しいお米を生み出す為の大切な要素に気象条件があります。とりわけ登熟期間(稲穂が出た時点から実るまでの間)における平均気温が24~25℃で、昼と夜の温度差が10℃以上ある事が理想と言われています。

滋賀は琵琶湖がある為、比較的夏は涼しく、内陸性盆地気候に属す為、昼夜の気温差が大きいとされています。さてその辺りが数字としてどのように出てくるのか調べてみました。

表は気象庁のホームページで公開されている過去の30年間の気象データからピックアップしたもので、滋賀にある観測所の中で最も春日の気候に近いと思われる東近江のデータを参考としました。東近江のなかでもアメダスは蒲生の桜川東にありますので水口丘陵のふもとの辺りになります。比較対照として美味しいお米が取れる事で有名な新潟県の魚沼の小出、および、県境を隔てた盆地である亀山と京田辺のそれぞれの観測所のデータも抜き出してみました。

春日と桜川東の標高差が約50mあることを考慮すると0.3~0.5℃ほど高めの数値になっていることが推測されますがほぼ、理想通りの数値となっていることがご理解いただけると思います。
春日地質図

現在、甲賀市の歴史をまとめた『甲賀市史』が年代を追って順次刊行されています。この中の【第一巻】“古代の甲賀”に甲賀市の地質図が付録されています。画像はその地図の春日の部分です。

これを参照しますと春日の大部分は[K5]古琵琶湖層群蒲生累層に、一部は[K6]古琵琶湖層群草津累層に属し、[白い部分]そこから侵食で削られ堆積した部分で構成されていることが判ります。

古代の琵琶湖は三重県の上野あたりに発生し、地殻変動の影響で徐々に現在の位置に移動してきたという事がわかっています。その過程で古琵琶湖は何度かその位置を変え、それぞれの場所で湖底に溜まった泥が天然ミネラルの豊富な肥沃な土壌をもたらしてくれています。

春日に古琵琶湖があった蒲生累層が形成されたのは約250~180万年前。同じ蒲生累層に属する北内貴ではゾウやワニの足跡化石も見つかったということですから、古代のこの地の姿は今とはかなり違った光景であった様です。

ところで、『甲賀市史』の【第一巻】には春日に関する記述も豊富ですので機会がありましたらぜひご覧いただけたらと思います。入手方法はこちら。郵送にも応じてもらえるようです。
春日の航空写真(1975年頃)

写真は1975年頃の春日上空から撮影された航空写真です。赤の三角は現在“かすがの郷”のある場所です。

薄緑のエリアが田んぼ、濃い緑のエリアが里山です。春日の田んぼは里山の間を毛細血管のように広がり、周囲を木々に抱かれている事が判ります。この地形は台風などの強い風から稲を守る働きをしてくれるのみならず、病虫害の広がりを抑える防波堤の役割も務めてくれています。急傾斜地ではありませんので日照時間はほぼ平地と変わりません。

一般的に中山間部の田んぼは平地のそれに比較し非効率的です。この短所を克服するため、春日は周囲に先んじ圃場整備に取り組みました。写真でもお分かりいただける通り、1975年当時既に機械化に適応した広く直線的な現在の区画に整えられていたことが判ります。
 

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
農産物直売所『かすがの郷』で新鮮でおいしい野菜や米を責任を持って販売させていただいております。
地図はこちら

 
 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

QRコード

QR
 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。